いろいろあるよ健康食品③栄養機能食品について徹底解説!

広告

今回は健康食品の中でも保健機能食品に含まれる「栄養機能食品」について解説していきます。

特定保健用食品や機能性食品と混ざって覚えてしまうことが多い分野ですので、きっちり分けて覚えましょう。

栄養機能食品は「基準に合致していれば勝手に名乗っていいよ」というイメージで考えてもらえればスムーズに覚えれますよ。

健康食品の分類

健康食品には様々な種類がありますが、冒頭でも説明したように、栄養機能食品は保健機能食品ですね。

保健機能食品は、食生活が多様化してきた平成13(2001)年に、販売者側からの適切な情報が提供されるようにと行った目的のもとで制度化されました。

食品は毎日口にするものですから、不透明なものは消費者に提供できないですよね。

栄養機能食品とは

特定の栄養成分の補給のために利用される食品のことです。

参考:消費者庁

http://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/health_promotion/pdf/health_promotion_170606_0001.pdf

規格基準があり、それにしたがって適合していることが必須です。

適合していれば国へ許可申請をしたり届出をする必要がありません

ただし、食品表示基準では決まった文言での表示が必要で、それ以外の文言では表示することができないと定められています。

例えばビタミンCならば、「ビタミンCは、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。」と表示しなければなりません。

栄養機能食品のメリット

実は、特定保健用食品は審査期間が長いことや多大な金銭が必要となってしまうことが問題とされています。

大企業ならば、商品開発の際に審査を受け特定保健用食品の審査や許可を求める時間とお金があるかもしれませんが、

小さな企業や生鮮食品を生産する方などはそのような余裕がないことも考えられます。

そんな時に、規格基準があり、適合していれば表示することができる制度があったら便利ですよね。

栄養機能食品の適用範囲

さらっと紹介してしまいましたが、以前まで対象食品は「加工食品及び鶏卵」とされていました。

しかし平成27(2015)年からその範囲が「加工食品及び生鮮食品」となりました。

つまり畑でとれる農産物なども、栄養機能食品として表示することが可能なのです。

規格基準が認められている栄養成分

以下の通りです。

カリウム、ビタミンK、n-3系脂肪酸は平成27(2015)年とつい最近追加になったものなので要チェックです。

その表示文言はこんな感じです。

  • カリウムは、正常な血圧を保つのに必要な栄養素です。
  • ビタミンKは、正常な血液凝固能を維持する栄養素です。
  • n-3系脂肪酸は、皮膚の健康維持を助ける栄養素です。

さらに、この中でもカリウムは、過剰摂取のリスクを回避するために錠剤やカプセルでの食品はダメです。

つまり、カリウム以外は錠剤やカプセルの形でもオッケーということですね。

上記で示した以外の栄養素の文言は表の通りです。

文言を丸々覚えるというよりは、キーワードで覚えるのが早く覚えられる秘訣です。

例えばカルシウムなら、「カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。」という文言の表示になります。

実際の国家試験の問題を見てみましょう。

2017年 第31回管理栄養士国家試験 63問

栄養機能食品の栄養機能表示である。正しいのはどれか。1つ選べ。

(1) ビタミンB2は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

(2) ビタミンB6は、正常な血液凝固を維持する栄養素です。

(3) ビタミンCは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

(4) カルシウムは、正常な血圧を保つのに必要な栄養素です。

(5) n-3系脂肪酸は、皮膚の健康維持を助ける栄養素です。

引用元:厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000163549.html

上記の表のキーワードを覚えていればすぐにわかりますね。答えは(5)です。

また、それぞれの設問が表す栄養素が何かも考えてみましょう。

(1)はビタミンB1に関する記述です。

(2)はビタミンKに関する記述です。

(3)はビタミンEに関する記述です。

(4)はカリウムに関する記述です。

まとめ

今回は栄養機能食品について解説しました。

  • 栄養機能食品の規格基準に適合していれば許可や届出は必要ない。
  • 栄養機能食品の範囲は加工食品及び生鮮食品である。
  • 栄養機能食品の形態は錠剤やカプセルでも良いが、カリウムのみ、それが認められていない。

以上しっかり理解することはできたでしょうか?

プラス、新しく加わったカリウム、ビタミンK、n-3系脂肪酸やその他の栄養素の表示できる文言のキーワードを覚えて、点数をゲットしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事