管理栄養士国家試験の仕組みと受験方法。合格率は?

広告

「管理栄養士になりたい!でも国家試験って聞くけど難しい資格なの…?」

わからないことがあると不安になりますよね。

それが将来の進路に関することならなおさらです。

わからないままなんとなく養成施設を受験して、後からびっくり!

なんてことが起こらないように管理栄養士国家試験について徹底的に解説していきます。

そもそも管理栄養士ってどんな仕事?と思う方はこちらをご覧ください。

管理栄養士って何?どんな仕事?なる方法とは!

管理栄養士と栄養士の違いや仕事内容についてご紹介しています。

管理栄養士国家試験の受験方法



管理栄養士の国家試験は、厚生労働省が実施している国家資格を取るための試験です。
栄養士法という栄養士や管理栄養士の基礎を定めた法律によって行われています。

栄養士も、国家試験を伴わずに取得できる国家資格ですが、

管理栄養士は、国家試験に合格しなければ手にできない資格です。


管理栄養士と栄養士は資格を取れる条件も異なります。

栄養士は指定の養成施設で2年以上、必要な知識や技術を学ぶと取ることができます。

しかし管理栄養士はもっと長い時間が必要です。

まずは国家試験の受験資格を手にしなければなりません。

栄養士法では

栄養士になったあと一度働き、管理栄養士の受験資格を得る方法と

管理栄養士養成施設において4年間勉強する方法があります。

つまり、はじめは栄養士を目指していたものの管理栄養士資格も受験したい!
と思ったときには経験を積むことで社会人受験も行うことができるのです。

また、短期大学などの養成施設に通ったのちに大学3年生として編入することもできます。

管理栄養士国家試験の日程



国家試験は2018年から3月上旬に受験し、3月下旬に結果が出るという日程になりました。
それまでは3月の下旬に受験し、5月ごろ合格発表という日程でした。

結果が出るまで約2ヶ月あります。

もし仮にあなたが養成施設卒業後すぐに受験したとすると

就職が決まり4月から働き出したにも関わらず栄養士資格のみで

管理栄養士の資格は持っていないまま働く

と言うことになります。

日程の変更があり不安が軽減された形になります。

管理栄養士国家試験の合格基準


管理栄養士国家試験は9分野に分かれており、
それにプラスして全ての分野を網羅した実践的な応用力問題があります。

これら全ての合計得点が200点中120点以上、つまり60%以上取れていれば合格です。

苦手な分野があったとしても、全て足して120点あれば合格なのです。

だいたいしくみについてはわかったでしょうか?

管理栄養士になりたい、と思ったからには一度の挑戦で合格したいですよね。

では合格率がどのくらいなのでしょうか?

管理栄養士国家試験の合格率は?



最も最近の管理栄養士国家試験は2018年の3月4日に行われました。
合格率は以下の通りです。

学校区分 合格率
管理栄養士養成施設 新卒 95.8%
管理栄養士養成施設 既卒 20.8%
栄養士養成課程 19.2%
全体 60.8%


参考:http://eic.obunsha.co.jp/eic/pdf/kokushi/2018/0426_2.pdf
(2018年 管理栄養士国家試験結果|旺文社教育情報センター)

これを見ると、管理栄養士養成施設の新卒の数字がずば抜けていますよね。

ちなみに、

  • 管理栄養士養成施設 既卒=養成施設を卒業する年に受験した者。
  • 管理栄養士養成施設 既卒=養成施設を卒業し、なんらかの理由で卒業した数年後に受験した者。
  • 栄養士養成施設=栄養士の養成施設を卒業し、受験資格を得てから受験した者。

と言う意味です。


なぜ養成施設の新卒はこれほどまでに合格率が高いのでしょうか?

それは、各大学の意地とプライドがあると考えます。

他の大学より良い合格率だと、次年度以降の入学者が増える可能性があります。

国家試験の合格率が高い養成施設の方が自分も受かりそうですもんね。
何としても受かってほしい大学や先生方は国家試験対策講座などを行います。
また、養成施設の友達の多くは国家試験を目指しているので切磋琢磨し合いながら勉強に取り組みます。

一方で既卒や栄養士養成課程のものは卒業してから数年たち働いている場合が多いです。
その場合、実践の知識はつきますが、勉強したことを忘れている、
勉強する時間がない、と言うことが多いようです。


さらに、一人で頑張らなきゃいけないという環境にいる方も多くいます。
そうした中でモチベーションを保ち続け、勉強するのは大変なのでしょう。

まとめ



この記事では管理栄養士国家試験の仕組みと受験方法、合格率について解説しました。

  • 管理栄養士国家試験を受験するためには受験資格が必要。
  • その受験資格は色々なルートで手にすることができる。
  • 現在は3月上旬に受験、3月下旬に結果発表が行われる。
  • 合格基準は60%以上。
  • 合格率が最も高いのは管理栄養士養成施設の新卒の者。


ぜひおさらいして、自分はどの方法で合格を目指したら良いのか考えてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

*参考書籍 

関連記事