管理栄養士の就職先や働き方とは?行政から企業まで!

広告

管理栄養士はなんとなく給食を作っている人のイメージではないでしょうか?

最近は様々な管理栄養士の活躍もあり、病院や行政、メディアで活躍している印象もありますね。

でも実は、あなたが思っているよりも多くのところで管理栄養士は活躍しています。

今回は、給食、病院、行政の管理栄養士の他に民間企業、

さらに最近増えてきている薬局や歯科の管理栄養士について紹介します。

給食の現場で働く管理栄養士


あなたのイメージに最も近いのではないでしょうか。

給食の現場には2つあり、働く現場から直接雇われている直営栄養士と、

給食委託会社という栄養士を派遣する会社に雇われている委託栄養士です。

業務内容は献立を立てる、発注をする、調理をする、などありますが、

直営でも委託でも、その現場や企業によってどこまで担当するか大きく差があります。

デスクワークで献立だけ、というところもあれば実際に利用者の方と関わるところもあるのです。

とはいえ栄養士の基本である献立作成や調理技術が学べるところが多いので

新卒で会社を選ぶときにキャリアの一歩として給食会社を選ぶ管理栄養士は多くいます。

病院で働く管理栄養士

病院の管理栄養士は主に患者様に提供する食事を考えます。
調理を伴う場所もあるようですが、基本的には献立の作成や栄養指導がメインです。

様々な病気の種類がありますので、その病気に合わせた食事の提供や指導が必要です。
また、口から食べる食事だけではなく、管を通した栄養補給や乳幼児に対する栄養管理も行います。

一方で他の専門職、医師や看護師、歯科医師、薬剤師…といったような人たちとも関わります。

これらより、専門知識やコミュニケーション能力は必須のスキルとなってきます。

他の現場よりも生死に関する側面が大きいため、責任もより大きくなりますが、
志望する管理栄養士も多く、憧れの職業という位置付けをされます。

行政で働く管理栄養士



行政というのは公的な機関、というように考えてもらえればわかりやすいかと思います。

雇い主は市区町村であり、管理栄養士の必要なところに勤務になります。

代表的なのは小学校や保健所・保健センターです。

こうした市区町村が運営している機関に配属され管理栄養士の職務を行います。

市区町村で運営している病院や給食施設があればそれも行政というように言われますが、

ここではいったん、小学校や保健所・保健センターについて考えます。

まず公務員試験を受け公務員となることが多いようです。

そして、辞令により職場が決まります。

ここで注意したいのが「小学校管理栄養士になりたい」からといって必ず小学校に配属されるということがないということです。

しかし、保健所や保健センターに配属されたとしても、人事異動により勤務先が変わることもあるので、経験の一つと考えると良いでしょう。

行政管理栄養士は、地域住民に近い立場でたくさんの人と出会いますので、人と関わるのが好きな人に向いてると考えられます。

民間企業で働く管理栄養士

民間企業にも、管理栄養士はいます。

特に最近は健康に対する国民の意識が高まってきていて、健康食品を発売している企業も多く、

また、スポーツジムで栄養指導に関わったり、飲食店でメニュー開発に携わる管理栄養士もいます。

代表的なのはやはり食品メーカーに勤務し商品開発をする管理栄養士でしょうか。

ただし食品開発には大学院卒の者が多く、また、営業など他の職を経てから就くというパターンが多いようです。

売れる商品を一から考え利益を出すこと、食品だけでなくパッケージングなども含まれる場合もあります。

一般の消費者に近い感覚をもつことが重要で、新しいものを発信していきたいと考える人に向いているといえそうです。

薬局や歯科に管理栄養士?



最近増えてきているのが調剤薬局・ドラッグストアや歯科医院に管理栄養士を置く例です。

とある大手の調剤薬局では薬剤師はもちろん、管理栄養士を専門職として採用しています。

これは薬だけではなく食生活から改善していくという狙いがあるようです。

ドラッグストアでは、病傷者用の食品や離乳食を取り使っているところもあります。

こうした食品を扱うため、薬剤師と協力し、病気の前段階と言える未病の人を支えていこうと模索しています。

健康な人から病気を治そうとしている人まで様々な人が訪れますので、視野が広くなりそうですね。

また、高齢社会となった日本で、食べる上で重要となる問題が「噛む力・飲み込む力」です。

これをサポートするべく、歯科医院では歯科治療と併せて食事指導をするところが増えてきました。

そうした中で管理栄養士の採用も増えているようです。

病院とは違い、歯科に特化していますので、栄養指導も食形態や食べ方に関することが多いようです。

さらに、企業の募集が始まるのは2018年現在で3月となっていますが、それよりも早く募集が始まる場所が多いのも特徴です。

これらの他にも、保育園も管理栄養士が活躍できる場として注目されています。

まとめ

この記事では、管理栄養士はどのような場所で活躍しているのかについて紹介しました。

  • 給食委託会社は、食のエキスパートとしての土台を作りたい人。
  • 病院は、様々な病態にとその食事指導について知識をつけたい人。
  • 行政は、地域に密着し貢献したいと考えている人。
  • 民間企業は、商品開発を通して新しいものを世間に発信したい人。
  • その他、調剤薬局・ドラッグストア、歯科医院をはじめとして様々なところで管理栄養士が活躍している。

管理栄養士になりたい人や、卒業後の進路について悩んでいる人の参考になれば幸いです。

また、さらに詳しく知りたい人にはこちらの本がおすすめです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事