ギター初心者でも半年でスリーピースバンドができるようになる練習法

広告

近頃は音楽をどこでも聴けるようになりましたね。

そんな中で、自分でも楽器をはじめたいと思う人もたくさんいるのではないでしょうか。

大学に入学してサークル選びをする際に、軽音サークルに入りたいと思う人もいると思います。

ここでは、ギターをはじめて半年でスリーピースバンドを組めるようになった練習法を、体験談とともにご紹介します!

【ギターをはじめるときに必要なもの】

ギターをはじめたい!と思っても、何が必要なのか、お金はどのくらいかかるのかよく分かりませんよね。

ギターはいくつか種類がありますし、やりたい曲によっても変わってきます。

私が選んだのは、テレキャスターという種類のギターです。

選んだ理由としては、最初に組んだバンドのギターがテレキャスターだったからです。

特にこだわりがないのであれば、最初にやりたいと思ったバンドのギターの人が、どんなギターを使っているのかを確認するといいですよ!

また、やりたいのがギターボーカルなど、コードを弾くタイプなのか、リードギターといって、細かい音を弾くタイプなのかによっても違ってきます。

ギターの種類によって音も変わってきますし、色も様々です。

自分の好みのギターを選んでくださいね!

ギターを弾くときに必要なのは、ピック、ギターとアンプをつなぐシールド、曲によって変調するのに使うカポタスト、あとは弾き終わったときにギターを拭くクロスなどです。

ギターの音を歪ませたり、生音よりもかっこいい音にしたいときに使うエフェクターは、最初から使ってみたいと思う人は最初に買ってもいいですし、後からでもいいや!と思った人は、後から段々と揃えていくのもいいと思います。

また、家でもギターをアンプにつないで練習したい人は、小さいアンプや、ギターにつないでイヤホンから音を聴けるヘッドアンプなども買うといいですね。

家でギターを置いておくギタースタンドも必要です。

以上にあげたものをすべて揃えて、ギターを含めて10万円ほどかかりました。

ギター本体が5万円ほどでしたが、ギターはピンきり。値段は変動します。

また、新品か中古、どちらのギターを選ぶかによっても変わってきます。

楽器屋さんで買うのもいいですし、ネットで細かいところも確認して通販で買うのもいいですよ。その際には経験者の人に分からないところは聞いてくださいね!

【初心者の練習法】

ギターが届いた!けど何をしていいのか分からない!

まずは、自分がやりたい曲、好きな曲、なんでもいいのでコードを探してみてください!

ネットで、「やりたい曲 コード」と検索すると、その曲のコードやその押さえ方がでてきます。

最初はまったく押さえられなくても、段々と指が動くようになってきて弾けるようになります。

弾けるようになってくると、とっても楽しくて練習量が増えて、もっともっと上達します!

ギターを弾く際は、左手でコードを押さえる方ばかりに気持ちがいきがちですが、弦を鳴らす右手の動きも大切になってきます。

イメージとしては、手首から動かすこと。

肘から動かすのでは、力が入ってうまく弾けません。

鏡などを見て、右手がしっかり手首から動いてるか確認してください。

はじめたばかりの癖がないときに確認すると、上達してから変な癖がつかなくていいですよ!

【ギターボーカルの練習法】

ギターを弾きながら歌を歌うギターボーカルって、かっこいいですよね。

でも2つのことを同時にするのは結構難しいです。

まずはギターを完璧にすること。

その後に歌をつけて練習してみてください。

テンポや休符によって、難しいところもありますが、ゆっくり練習して、歌詞のこの言葉のときはギターはこの動き、と少しずつ練習してみてくださいね。

また、初心者にありがちですが、歌を歌うときもギターを見ているのは、かっこわるいです。

できれば、ギターを見ずに弾いて、前を向いて歌えると、見た目もとってもかっこいいです。

【ギター初心者で大切なこと】

ギターをはじめる際に必要なものと、練習法をご紹介しました。

しかし、それだけを行えば上手になる、というわけではないんです。

本当に大切なのは、弾いている自分が楽しむこと。

楽しんで練習をすれば、自然と上達します。

また、向上心を常に持つこと。

ギターの上手な人の動きや弾き方をしっかりと確認して、真似してみてください。

サークルであれば、ライブのときに最前列でギターの人を見ること。

サークル等に所属していない人は、弾いてみた動画や解説動画などを見ること。

楽しむことと向上心があれば、自然と上達しますよ!

スリーピースバンドはコードを弾くだけでなく、ソロなどもあります。

でも歌いながら半年でそんなことができるようになるんです。

この記事が、これからギターをはじめたい人、もっと上達したい人の助けになればと思います。

楽しんでギターを弾いてくださいね!

関連記事