python-twitterをインストールしてツイートしてみた

広告

今回はpythonからツイートしてみたいと思います。そのために必要なステップは以下の3ステップ

  1. TwitterのAPIキーを取得
  2. python-twitterをインストール
  3. コードを書いてつぶやく!

これを使って早速くそbotを作りましょう!

1. TwitterのAPIキーを取得

twitterのAPIが必要です。

パソコンから自分のツイッターアカウントにログインしてください。

下のURLをクリックします。

https://apps.twitter.com/

CreateNewAppをクリック

以下の情報を埋める必要があります。

  • Name:なんでもいい
  • Description:あなたのアカウントの詳細。正直なんでもいい
  • website:サイトがあれば、そのURLを。
  • Callback URL:任意なので書かなくても良い。

これらを入力すればオッケーです。

Application Managementのページに入れば、

上の「Keys and Access Tokens」からAPIキーを確認することができます。

Access Tokenは「Create my access token」から作成することができます。

必要な情報は

  • Consumer Key (API Key)
  • Consumer Secret (API Secret)
  • Access Token
  • Access Token Secret

の4つです。これがわかればここはもう用済みです。次のステップに行きましょう。

2. python-twitterをインストール

anacondaを使っている方は、anaconda-navigatorのターミナルなどから

とすればインストールできるはずですが、、、

Permission deniedと言われました。どうやらアクセス権限がないようですので、

としてインストールできました!

念のため、pythonで、import twitterと入力してエラーが出ないか確かめてください。

無事にエラーが出なければ準備完了です。

3. コードを書いてつぶやく

まずは簡単なテスト的なコードを書いてみます。

このコードの中に自分のアクセスキー等の情報を入力してください。

これで実行すれば、

無事にツイートすることができました。このツイートは恥ずかしいので速攻で消しました。フォローしてください。

これからすることは、フォロワーのIDをCSVにしたり、そこから自動で投げ銭をできるようにしようかと思っています。monaコインをtwitter上で投げ銭できるtipmonaが現在停止中です。代わりにbitzenyという通貨が簡単に投げ銭できるのでそちらの方から実装していこうかと思います。

僕のアカウントをフォローしていると投げ銭がもらえるかもしれません。

フォローお願いします!あざっした!!

Python3の入門オンライン講座

オンライン講座ならUdemyがおすすめです。1000~2000円で10時間程度の動画が見放題で専用アプリでダウンロードも可能です!体系的に学びたい方にいつもおすすめ!

関連記事