マイニング用にGPU増設!GTX1070が2枚でいくら掘れるのか

広告

マイニングはゴールドラッシュですね。祭り感があって楽しいですね。というわけで、今まではGTX1070を1枚で掘っていた零細マイナーでしたが、ついにGTX1070をもう一枚購入しました。今回はショート基盤、理由は安かったからです。それしかありません。

やはりショートモデルだけあってかなりコンパクトにできています。

というわけで現在の構成としては、

  • CPU i7-6700K
  • GPU ZOTAC GTX1070
  • GPU  GIGABYTE GTX1070 ショートモデル

という構成になりました。早速nicehashで回してみて、いくら掘れるのか確かめたいと思います。接続方法はライザーカードでつなぎました。電源はDual加工済みで両方ともGOLD認証ですので、変換効率もそこそこいいかと思います。

電源の選び方についてはこちら

マイニング用の電源の選び方

クロックなどの調整にはMSI afterburnerを使用しています。フリーです。普段の設定はこんな感じです。

もう寒くなってきて、おかげでかなり温度は低いです。暑いときだと70℃は行ってましたね。この設定でnicehashでの結果がこちら

1日4.54ドルだと

正直思ったよりいいですね。4.54$ってだいたい500円くらいか。っていうか最近マイニング環境が改善傾向にあるんですかね。ショートモデルと普通のモデルとほとんど結果に違いはなかったです。夏場になってくると結果が変わってくるかもれませんが。

しかし、電気代というランニングコストがかかってきますから当然こちらもチェックしなくてはなりません。私が使用しているのはELPAのワットチェッカーです。これの理由は安かったからです。それしかありません。

そして気になる電気代はこちら!

1時間8.81円

1日で210円くらい、1月で6500円くらい持って行かれますね。(1kW=24円で試算しています。)マイニングは北欧勢に一生勝てないことがわかりましたね。

というわけで簡単な計算をしますと、現段階では

1日の採掘量:500円くらい

1日の電気代:200円くらい

というわけで1日の利益が300円くらいという結果が得られました。実際にはもっと幅が広く250〜350くらいの範囲に収まるのではないかと思っています。それほど悪くはありませんね。

CPUでのマイニングをやめてGPU2枚だけでやった場合、1日に掘れる量が100円減って、1日の電気代が50円減る感じです。なのでCPUも結構ありだと考えています。普段使いするにもサクサクになるし。

いかがだったでしょうか?個人的には結構良い成果が出たかなとは思いました。またしばらく放置して、気が向いたら増設をしていこうと思ってます。

というわけでショートモデルも結構おすすめです。あざっした!

ちなみに試算するにはnicehashのprofitability-calculatorがおすすめです。簡単でわかりやすい。

関連記事