[最新版]Anaconda(アナコンダ)を使ってpythonの実行環境を作る

広告

pythonの実行環境を作る上ではanacondaが最もおすすめの方法です。tensorflowを使いたい人にもanacondaがいいかと思います。今回はインストール手順を説明します。jupyter notebookでサンプルコードを実行するまでやってみたいと思います。

実行環境は以下の通りです。

MacOS 10.13.1 High Sierra

Anaconda 5.0.1

もちろんWindowsの方でも使用することができます。

インストール方法

まずこちらから、使用しているOSのパッケージをダウンロードします。

pythonのバージョンは2.7か3.6か選べますが、大概の場合最新バージョンを使用しておいて大丈夫かと思われます。というわけで3.6を選択します。

こんな画面が出てきましたが、あっさり「No Thanks」を選んでしまいました。仕事で使用する場合などはEmailを入力しておくとクライアントを怒らせなくて済むかもしれません。

ダウンロードしたインストーラを開きます。

同意しまくると無事にインストールが始まります。インストール先もデフォルトから変える必要はありません。インストールが終わるのを待ちます。

無事に行けばアプリケーションフォルダにAnaconda-Navigatorというものがありますからそれを実行します。こんなやつです。

こんな画面が立ち上がります。色々アイコンがありますがあまり気にしないでください。

Jupyter NotebookのLaunchをクリックします。

そうするとブラウザが立ち上がります。こんな感じです。

右のほうの「New>python 3」を選択します。

jupyter notebookは対話式のエディタで「Shift + Enter」で実行することができます。

無事にギャル語で挨拶することができました。感無量ですね。

無事にインストールできたでしょうか?無事にインストールできたら幸いです。

pythonで機械学習をしたいなら次の本がオススメです。数式変形も丁寧で原理がわかりやすいです。何より基本中の基本から徐々にステップアップしているので初学者にも分かりやすい内容になってます。本の内容のソースコードも全てGithubに上がっているので、すぐに試せるので便利です。

続きとしてtensorflowの実行環境を手にいれる手順も記事にしています。

tensorflowで機械学習とかして見たい方はこちら

Python3の入門オンライン講座

オンライン講座ならUdemyがおすすめです。1000~2000円で10時間程度の動画が見放題で専用アプリでダウンロードも可能です!体系的に学びたい方にいつもおすすめ!

関連記事