スタンディングデスクを100均で自作してみた

広告

こんにちは、今回はダイソーなどで買える材料を使って、普通の机をスタンディングデスクにします。スタンディングデスクにしようと思ったのは腰痛があるのと、姿勢が悪くて集中力が持たないことが原因です。

もし実際に試してみて、スタンディングデスクが合わなかったことを考えて、できるだけ安い材料で完成させたいと思ってます。

まず、現在の机の高さを測ります。一般的な机でしたら、70cm程度かと思います。

次に理想的なスタンディングデスクの高さを計算します。だいたい腕を直角に曲げたときの高さが目安になります。そのほかにも、おおよそ(身長-70)cmくらいが目安にもなります。スリッパを履いていたり、足の長いキーボードを使っている場合、調整する必要があるかもしれません。

私の場合、(身長 – 70cm)-机の高さ = 30cmとなったので、30cm分の高さを底上げする必要があるということになります。今回使う方法は微調整可能でありますし、材料も安いので失敗を恐れることなくできました。

使用したもの

  • ビッグブロック(高さ約10cm) 216円 × 6個
  • 木の板(いくつか種類があるので机の大きさに合わせたもの) 2枚

合計1512円

これを重ねて、その上に机を置くだけです。実際に置いてみるとこんな感じ。

これを2セット作り、土台としてこの上に机を置くだけで完成です。

実際に机を乗せると、高さがちょうどいい!ノートパソコンを置いてタイピングもしやすいし、ちょっとメモを書いたり、本を読んだりするのにも十分使えますし、前かがみになったりしないのでいいです!不安だったぐらつきがありません。上にモニターを乗っけても全然ぐらつきがありません。

かなり満足でしたが、いくつか注意点を。

  • 木材がないとこのビッグブロックの一部に大きな力が加わり、破損の原因になりますから、板などを上に載せましょう。
  • また、机の上に本棚などの重さがあるとやばいかもしれません。
  • 発泡スチロールで耐熱60度です。高温の環境では使用しないようにしましょう。
  • ぐらつきやブロック間のズレが気になる人は両面テープや滑り止めシールなどで調整すると良いかと思います。

実際に使ってみた感想

感想としましては、普段使い慣れている机がそのまま立ち机になっただけですから不便とかはありません。数日、立って作業をしていましたが、最初のうちは慣れずに、4〜5時間くらいで足腰が限界を迎えます。しかし、慣れてくるとガラッと変わります

まず、姿勢がいいため、腰痛や肩こりなどの心配がありません。なので何時間でも集中して作業を進めることができます(この記事も立って書いてます)。あと、安いです。電動昇降式のスタンディングデスクであれば5万は確実にします。それに対してこちらは1500円程度と比較的安くで済ますことができます。

もし、お持ちの机をスタンディングデスクにしたいなら、ダイソーで自作するのがかなりオススメです!

ちなみにノートパソコンだけを使う方にはこちらもオススメ。

関連記事