pythonでcsvファイルの読み書き

広告

pythonでcsvファイルの読み書きをやっていきたいと思います。ライブラリを使わない方法もありますが、今回ご紹介するのはpandasを使った方法とnumpyを使った方法になります。

読み込むファイルはsample.csvで中身は適当でこんな感じ。エンコーディングはutf-8にしています。

実行ファイルはこれと同じディレクトリに置くようにしましょう。

pandas

先ほどのcsvファイルを読み込むには、pandasを使うならこのような感じ

書き込みも簡単です。データフレーム.to_csv(“ファイル名”)

でデータフレームをCSVファイルにして生成することが可能になります。

先ほどと似たようなコードなのでこんな感じ

このコードを実行すると、この実行ファイルと同じディレクトリにoutput.csvが生成されていることがわかります。以上がpandasでのcsvでの取り扱いになります。

numpy

numpyでcsvファイルを読み込むのも簡単です。先ほどと同じsample.csvを読み込むことにしましょう。

これで読み込むことができます。numpyでは列名を入れる場所がないので、skiprowsで列名の読み込みを飛ばすことにします。

numpyでcsvファイルの書き込みも難しくはありません。

これだけで可能です。

ちなみにこれで生成したファイルをExcelで確認すると次のように表示されました。

これ見にくいのでやめてほしいですが、ちゃんとコード通りになっていることがわかります。

他にも細かいことはありますが、基本的なことは異常になります。

Python3の入門オンライン講座

オンライン講座ならUdemyがおすすめです。1000~2000円で10時間程度の動画が見放題で専用アプリでダウンロードも可能です!体系的に学びたい方にいつもおすすめ!

関連記事