テストステロンの驚くべき効果とは

広告

働く男性の皆さん、日頃このような悩みを抱えていませんか?

「仕事に集中できない」

「休日も寝てばっか」

「最近うつ気味で、、、」

「いつもの生活をしてるだけなのに、太ってきた」

「夜なかなか眠れない」

これ、よくある悩みと思いますが、その原因は性格や体調ではなく、もっと根本的なところに原因があるかもしれません。それは、、、

テストステロン(男性ホルモン)の減少

です。テストステロンは筋肉や骨を作るイメージがありますがありますが、それだけではなく、認知機能にも影響を与えます。

それではテストステロンとはどのようなものであり、どのような影響を与え、どうすれば増やすことができるのか確認していきましょう。

テストステロンとは

テストステロン(testosterone)は男性ホルモンの一種として有名ですね。事実、男性ホルモンにはいくつか種類がありますが、重要になってくるのはテストステロンです。男性ホルモンといえばテストステロンのことだと思って構いません。それほどテストステロンは重要なホルモンです。テストステロンの95%は睾丸で作られ、原料となるのはコレステロールです。

テストステロンの分泌量は加齢とともに減っていきます。なので、男性ホルモンが少ないはおじさん世代(40代以降)となることが多いですが、生活習慣のよくない人は若年層でも少ない可能性があります。

多くの誤解を解きたいのですが、テストステロンが多いからって、攻撃的であったり、ハゲやすかったりするわけではありません。むしろ男性ホルモンが多い若い世代にハゲは少ないですよね。男性ホルモンが減ったから、テストステロンが持つ増毛作用が失われ、ハゲてくるといった見方もできます。

テストステロンの効果

テストステロンには筋肉を大きくしたり、骨を丈夫にする作用があります。これは最も基本的な作用です。テストステロンは身体だけではなく、精神衛生にも重要なホルモンです。

テストステロンの効果を挙げると、

  • 内臓脂肪を防ぐ
  • 造血作用
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 細胞の老化やガン化を防ぐ
  • 眠りを深くする
  • 抗酸化作用
  • 集中力、記憶力の上昇

またテストステロンから5α還元酵素によって変化したDHTというホルモンが認知機能にも大きく関わってきます。

また、テストステロンが少ない人は、

「認知症、うつ、メタボリックシンドローム、EDになりやすい」

と言ったことが研究で明らかになっています。

男性ホルモンに関する研究を見てみると、男性ホルモンの受容体のないマウスは、内臓脂肪が多く、うつ傾向であまり元気がありません。また、アルツハイマーの患者に男性ホルモンを注射することで、症状が改善した、という成果もあります。

アメリカでは男性ホルモンを増やす治療をすることが非常に一般的です。結果を出さないとクビになりやすい分、自分の集中力や判断力にも敏感なのかもしれません。

テストステロンを増やすには

テストステロンの重要さがわかって頂いたと思いますが、どのようにテストステロンを増やすのかと言った話に入りたいと思います。

まず、絶対にダメなのが、ストレスを溜めることです。働く人にとってストレスの多くは人間関係に由来するものだと言われますので、苦手な人とも積極的に接することで仲良くなるか、できるだけ関わらないようにするなどして職場のストレスを減らしましょう。

テストステロンを増やす方法は、まず褒められること、仕事などで成功することです。こういった経験が男性ホルモンを高め、集中力、判断力が上がりますから、次の成功につながります。このような作用を「ウィナーズエフェクト」と呼んだりします。なので、仕事に全力を出して、うまくいって褒められれば好循環が生まれるということです。

2つ目は運動することです。ウォーキングもいいですが、ジムなどでの筋トレも良いです。よく運動した日は交感神経の活動を抑え、眠りが深くなりますから、次の日の集中力も格段に良いです。最低でも週に60分、できれば100分を目安に運動することをお勧めします。

3つ目は食事から摂ることですね。卵、肉、魚を良く食べると良いです。人間では合成することができない、必須アミノ酸が取れますから。

手っ取り早い方法として、サプリが挙げられます。漢方薬の「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」がおすすめです。実際にメンズヘルスクリニックでも処方される漢方ですから、効果は期待できるでしょう。補中益気湯はツムラ漢方のこちらがおすすめです。

以上になります。それではテストステロンを増やして、健康で活気ある人生を!

関連記事