iPhone6sがバッテリー不具合で無償交換!条件と手順

広告

どーも!こんにちは。中古で購入したSIMフリーのiPhone6sですがたまに不具合がありました。その内容とは

急に電源が落ちる(特に気温の低い時)

というものです。これは中古だったからこういう問題というのではなく、元からあった症状のようです。同じ症状に悩まされている方がいたら、バッテリーを無償で交換してもらえるかもしれないので、この記事を読んで試してみてください。

まず、お持ちのiPhone6sがこの無償交換可能かどうかを調べる方法があります。Apple公式からこのようなリリースがあります。

URLはこちら

こちらにiPhone6sのシリアル番号を入力すると、交換プログラム対象なのかわかります。シリアル番号の確かめ方は 「設定>一般>情報」から確認することができます。

もし、無償交換の対象であれば、Apple Storeに持ち込んだり、配送修理をお願いしたりと選択肢はあるのですが、予約方法とかよくわからなかったので、Appleテクニカルサポートのページから「今すぐアドバイザーと話がしたい」を選びました。これは電話番号を送ると向こうから電話がかかってくるので、電話代がかからないのでおすすめです。

待ち時間も少なく、すぐに電話がかかってきました。ですが、、、

僕「はいもしもし」

アドバイザー「◎△$♪×¥●&%#?」←全く知らない言語

めちゃめちゃあせりましたね。海外と繋がったようでかなりビビりました。あの感じは絶対に英語でも中国語でもありません、多分ヨーロッパのどこかの地域の言語、そんな気がします。こちらも負けじと「アイム ジャパニーズ」と繰り返したのですが、程なくして切られました。向こうが間違えたのでしょうが、なぜかかなりショックでした。

なぜ私は必死になって「アイム ジャパニーズ」と繰り返したのでしょうが、私が日本人だと知ってもらっても、なんの解決にもならないのに、、、

半日ほどしたら立ち直ったので、もう一度、電話をかけてもらうことにしました。今度は日本人の方だったので、すごく安心しました。話を進めていくと、持ち込み交換が一番手っ取り早いとのことで、近くの正規サービスプロバイダを調べてもらって、予約していただきました。前もって準備しておくことは以下の3点

  • バックアップを取っておく
  • icloudのパスワードを覚えておく
  • 「iPhoneを探す」をオフにする

また、前もって初期化する必要はありませんが、気になる方は初期化しても大丈夫らしいです。

その後、予約した時間に店舗に行き、無事にバッテリーを交換してもらうことができました。ちなみにこのiPhone6sの無償交換のサポートは小売販売日から3年間です。なので2018年9月くらいまででしょうか。バッテリーの問題なので急ぐ必要ないのかもしれませんが、期限内に交換できるものは交換しておきたいですね!

関連記事