1. ビットコインとは何か

広告

多くの方が一度は聞いたことがあるビットコイン、最近ではビックカメラがビットコイン決済を導入して話題になりました。2014年にもマウントゴックスという取引所が破綻したことで連日話題になりました。

さて、ここでは

ビットコインとは何か?

ビットコインは安全なのか?

ブロックチェーン技術とは何か?

について解説していきます。特にブロックチェーンはビットコイン以外にも応用できる範囲が広く、既存の課題解決に使えるかもしれないので、ブロックチェーンが中心になっていくかもしれません。そのためにもビットコインの仕組みからブロックチェーンの解説をした方がわかりやすいと思うのでまずはビットコインを解説していきたいと思います。

ビットコインはブロックチェーン技術によって生み出された堅牢なセキュリティを持つ仮想通貨です。現在日本でも約4000店舗がビットコイン決済を導入していまして、すでに「ビットコイン取引所で日本円でビットコインを購入し、お店でビットコインで支払う」ということができる状況になっています。今の相場は1ビットコイン=13万円程度です。

普通、通貨といえば、円とかドルとかポンドとかを想像します。ビットコインもいろいろ特殊なことはありますが、基本的に円とかドルと同じ通貨なんですね。円やドルはお札であったりコインであったり実体があるものですよね。ビットコインは仮想通貨であるので、物理的な実体はなく、データとして管理されています。なので私たちが普段、Eメールやラインなどで文字や写真というデータを送信、受信するのと同じように手軽にビットコインを誰かにあげることができます。誰かにあげれるということは決済できる、お店で支払えるということになりますよね

これは一つの利点なのですが、私たちはすでにクレジットカードやデビットカードでネットショップで決済したりすることができるのであまり大きなメリットにはならないかもしれません。

しかし、ビットコインの決済手数料は約1%(実は手数料は新たにビットコインを発行することで本当はもっと高い)と、クレジットカードの手数料である2~10%に比べて割安で決済することができます。飲食店やネットショップを運営していらっしゃる方はビットコイン決済を導入することで、オンライン決済が比較的安くできるということで導入するメリットがありますね。

よく混同されやすい「電子マネー」「クレジットカード」「ポイント」との違いを説明していきます。

日本でよく使われるnanacoやSuicaなどの電子マネーの単位は〇〇円ですよね。しかしビットコインは通貨なので〇〇BTCと表示されます。日本円だと外国に行って使うときに、両替をしなければいけません。ビットコインであればビットコイン決済に対応しているお店であれば世界中どこでも使えるのでビットコインは海外に行くときでも両替をする必要がありません。これが電子マネーとの大きな違いです。しかもビットコインユーザーは世界で1000万人を超えていて、アメリカや中国の方が使いやすいかもしれません。

「海外ではクレジットカードを使うから両替しないよ」という人でも、海外でクレカを使って日本に帰って利用明細を見てみると、「為替レートが結構悪い」ということが多々あります。特にドル以外の通貨に換金するときは「日本円から一度ドルに交換してから現地の通貨に交換する」というプロセスを踏まなければならず、手数料が3%くらいかかってしますことがあります。ビットコインであればそもそも両替する必要がないのですかた海外にいっても安心というわけです。

あとTポイントやPontaカードなどのポイントとビットコインの違いは、ポイントは他人に譲渡することが禁止されているという点で違います。ビットコインはEメールを送るように誰かにあげることができます。日本ではビットコイン決済に関連する法律が世界でも先進的に進んでいる方で、ビットコインと聞くとどこかアングラの香りがしますが、全く合法で決済することができます。

次回はビットコインって価値あるの?ということを考えて書いていきたいと思います。

関連記事