将棋ウォーズ二段が考える将棋の上達方法

こんにちは、私は将棋が好きで、観るのも好きですが対局するのもかなり好きです。ちなみに将棋ウォーズで二段です。将棋は楽しいです。特に優勢から勝勢に向かう中終盤が指してて一番楽しいときですね。そして負けたときの悔しさが異常ではありません。

もしこれから将棋を始めてみたいというかたやなかなか昇級できない方などに、私はどうやって二段まで上がれたのか説明したいと思います。なんか上から目線っぽくなってしまってすいません。

基本的な勉強方法としては、詰め将棋、対局、ソフトで研究、定跡、棋譜並べ、手筋などあると思いますが、私なりの考えを言います。

1. 詰め将棋

詰め将棋は最も重要だと考えています。特に初めたての方はパズル感覚で3手詰めを解いてみるのがおすすめです。対局で詰め将棋のような局面になることは少ないですが、詰め将棋は終盤のために解いているのではなく、読む力をつけるため、頭の中で高速に駒を動かす練習だと考えてください。

詰め将棋を解くと、お互いの攻めの速度計算をすることができるようになってくるので、相手の攻めを受けるべきか、手抜いて攻めるべきなのか判断することができるようになってきます。

というわけで、詰め将棋が最も一番良い方法かと思います!また詰め将棋の本ならこちらがおすすめです。

2級以上であれば5手詰めを解くと良いでしょう。

ちなみに解き方ですが、一度解いて終わりではなく、時間が経ってからもう一度解き直すと効果が高いです。

2. 対局

対局するなら将棋ウォーズがおすすめです。アプリストアで検索してみてください。一日3局という制限があるのが、逆に私生活に支障がないのでおすすめです。有料会員になれば指し放題になります。

将棋ウォーズでは対局の時間が3分切れ負け、10分切れ負け、10秒将棋(1手10秒)の3通りあるのですが、できるだけ10分切れ負けで対局するのが上達への道になります。3分切れ負けというのはルールは将棋ですが、定跡と反射神経のスポーツになりがちです。ちゃんと読みを入れることが可能な10分切れ負けで戦うと将棋の力をつけることができます。

また、どうすればいいかわからないところは後で棋神解析などを行うことで最善手を調べることができるのも良いポイントです。

CPUとの対局であれば「ぴよ将棋」がおすすめです。名前とは違い、かなり強い設定まで可能で、戦型選択、評価値の出力、棋譜検討など、かなり高機能なアプリが無料で使えるので入れておくと便利です。また、将棋ウォーズの棋譜を入力すれば解析することも可能になります。

3. ソフトで研究

ponanzaやelmoなどプロ棋士を凌ぐ強さをもつソフトが無料でインストールできます。強さはパソコンのスペックによりますが。私は一応ソフトはインストールしているのですが、ほとんど使っていません。定跡を研究する高段の方なら使っておられる方も多いでしょうが、実際にソフトの手を真似するというのは人間の感覚と大きく違いますので真似することは難しいです。

ソフトは細かい攻めを繋ぐ技術が凄まじいので、駒損の攻めをガンガンやりますが、人間はそこまで深く読むことができないので、ソフトの真似をしようと思ってもすぐに攻めが切れてしまったりするので、あくまでも参考までにしておくのが良いかと思います。

実際の対局で分からなかったところ(特に終盤)をソフトで研究するのに役に立ちます。

4. 定跡

書店などでは見かけることの多い定跡本、私は本格的な定跡本を買ったことがありません。なので横歩取りなど、研究勝負になりがちな戦法を全く指さないです。

とはいえ、全く勉強しないわけではありません。新しい戦法を指してみるときに指針となるものがあれば便利です。将棋世界という月刊紙という雑誌の付録に、簡単な定跡の解説コーナーがあります。次の一手形式で40問ほど収録されていて、序盤の勉強に役立ちます。

その定跡の部分だけがKindleで販売されています。値段はなんと100円!めちゃめちゃ安く棋書が読めるので買います。

最近では雁木がプロ間で流行っているので、雁木の本を買いました。

もちろんKindle用の端末は必要ありません。iPhoneやAndroidのアプリストアに「Kindleアプリ」があるのでそちらで読むことが可能です。

5. 棋譜並べ

プロ間の棋譜を並べることはほとんどやりません。プロの手も序盤、中盤は特に非常に難解な手が多く、なぜその手を指したのかが難しいです。でも好きな棋士の棋譜はよくチェックします。棋譜データベースで軽く流す感じですが、、、

6. 手筋

詰め将棋や定跡と同じように手筋に関する本もたくさんあります。私はほとんど読みませんが、「金子タカシ」さんという元東大将棋部でアマ竜王になったこともある方の本だけは読むようにしています。特に「寄せの手筋200」は超有名な本で、解けば必ず強くなります。

他にも「凌ぎの手筋200」、「美濃崩し200」などの本も出されていて、どれも良本ですので、金子タカシさんの本を買っておけば間違いありません!