pythonでtwitterのフォロワーをCSV出力してみた。

今回はtwitterのフォロワーのIDをCSVに出力してみたいと思います。

そのためにはTwitter APIとtweepyライブラリが必要です。twitter APIの取得は記事を参考にしてください。

python-twitterをインストールしてツイートしてみた

tweepyは

pip install tweepy

でインストールできます。Permission deniedと言われたら

sudo pip install tweepy

として実行してください。

とりあえずコードはこちらです。あとで解説します。

簡単な解説として、

スクリーンネーム : @Ze_n_d というようなアカウントのやつ。

ID : スクリーンネームに紐づけられた20ビットの数字

IDを取ってきて、id2screenでスクリーンネームに変換しています。

※フォロワーが数万人単位でいるなら非常に時間がかかります。僕は100人もいないので一瞬でした。悲しい。

from padnas import DataFrame : CSV保存用、正直なんでもいい。

auth() : APIキーの認証。利用制限があります。

wait_on_rate_limit = True : 利用制限に引っかかればお休みする。

getIds(): 下のサイトを参考にしました。

http://tmngtm.hatenablog.com/category/python

CSVで出力することができたいので、フォロワーの推移をみたり、差分を確認することができます。自動で相互フォローするようなコードも多少いじればできそうですね。

私はこれで自動なげせんということを実験的にやってみたいと思います。

twitterでフォローお願いします。