マイニングするときに気をつけたい3つのこと

どうも、マイニングリグを作って、稼働中です!毎日昼ごはん代くらいは掘れているようで日々GPUに感謝しております。ありがたや。

今回は外出先でも安心!万が一のことを考えてのことを伝えたいと思います。今回は非常に重要な注意事項になりますので、是非とも心に留めておいてください。正直、どれだけ掘って儲けようが、ライザーの不調等で発火して、基盤が燃えて火事になればおしまいです。

そういうときを考えて、火災保険に入るのですか?いえ、違います。初めから燃えないように対策をすれば良いのです。というわけでまず対策しておきたい第一番は火事です!

火災対策

基盤が死んだ、マイニングリグが死んだ、万が一のトラブルがこれで済めば十分でしょう。まず第一に燃え広がらない対策を打っておくべきです。まず第一にリグの周りに燃えやすいものを置かないようにしましょう。段ボールやシーツや紙類は燃えやすいです。木製リグでやっている方もその点を十分考慮しておきましょう。

次に確実に燃え広がらないように、マイニングリグの下に難燃シートを敷きましょう。もし、基盤が燃えたとしても、ある程度は防げるはずです。そもそも床が燃えない材質だという方は必要ないかもしれません。

そしてもう一つ、火災報知器をつけましょう。これは絶対条件です。最近では2000円もしません。数日掘れば買える金額です。ケチらず設置しましょう。

この二つの対策をすることで

万が一煙が出ても→燃え広がらない。

もし燃えてしまっても→火災報知器で早めの消火

という二段構えになるので、何も対策していない人とリスクは大きく違います。

雷対策

続いて、雷対策です。先ほどの火災と比べると、周りに迷惑をかけることはありませんが、マイニングリグは数十万する高価なものですから、雷対策をやっておいた方がいいでしょう。

と言ってもどうするかわからない人もいることでしょう。非常に簡単です。電源タップを雷サージ付き電源タップに変更するだけです。100均のダイソーにもあります。アマゾンでも高くありません。せっかくのリグが台無しになったら生きる希望が失われますので、ここもケチらず購入しておきましょう。

騒音対策

私はGPUマイニングですが、5枚のGPU(GTX1070 4枚 GTX1080Ti 1枚)でマイニングしており、温度を下げるためサーキューレータを使用しています。そこまでうるさくはないですが、音はします。

音に対する反応は人によって異なります。特に高周波系の「キィーン」という音が出る場合は要注意です。近所の迷惑にならないような配置を考えた方が良いかと思います。エアフローが重要なので、密室でやるというのはかなり無理があるとは思いますが、人が少ないところを選んだ方が良いかと思います。

マイニングにおいて騒音対策というのは難しいですね。。特にすげーうるさいASICで近所とトラブルになった例とかはもうありそう、、、

騒音は我慢できるレベルなのか、自分の耳ではすでに慣れてしまっているので、数値として評価できる騒音計などを準備しておくのが良いかもしれません。こちらも2000円もしません。また、逆に近所が騒いでるときに、騒音計を録画しておけば証拠になりますよ。

今回はちょっとナイーブな話題でしたが、ずっとマイニングできる環境を維持するためには必ず必要なことだと思っています。そして、どれもそこまでお金がかかりません。ちょっと物を買うだけで、安心して掘れるのでマイニングを始めるときには是非とも購入しておきましょう。

また、マイニングしている方で何かわからないことがあれば、ツイッターでメッセージを送っていただいても構いません。できるだけ疑問を共有できるように、公開の場所で連絡を取り合うことが良いかと思います。

また、マイニングリグを自作するにはこちらの記事が参考になるかもしれません。

マイニングリグの自作に必要なものを考えてみた