Xiaomiのmi band 2 がコスパ最高の睡眠トラッカーだった

広告

どーも、最近は眠りについて色々調べているのですが、どの方法が効果が高いのかというのは自分の実感を頼りにするより、測定機器があれば確実だと考えられます。

すでに睡眠を測定する様々なスマホアプリがあり、その多くはベッドの上に置いて寝るだけで眠りの質(ノンレム睡眠なのかレム睡眠なのか)がわかるという素敵なアプリです。

しかし2点ほど不安な点があります。一つは測定精度の不安です。スマホに入ってる加速度センサーだけで身体の動きを測定できるかはわかりません。またベッドから落ちてしまったら機能しません。

もう一つの不安は、ベッドの中でスマホを触ってしまう要因になってしまう点です。眠りの質を良くするためにも、ベッドの上にスマートフォンは持ち込みたくありません。ベッドから遠いところで充電し、おやすみモードで通知をこないようにするのがベストだと思っています。

こういった点から、最近やたらFitbitとか出てきてるので、フィットネス向けの腕時計型ウェアラブルで睡眠トラッカー機能があるものを調べました。

ベッドの上に置くタイプの睡眠計を出してるオムロンやFitbitなど多くありましたが、、結構高いです。正直どれだけ歩いたかとか、何kcal消費したとかはどうでも良くて、睡眠の質だけわかればいいんです。あとbluetoothでペアリングが簡単であればより良いです。

というわけで、普通に睡眠の質を知りたいだけなので、1万円を超えてきたらちょっときついですね。というわけで3000円台で購入できた「Xiaomi mi band 2」を買ってみましたので開封してみます。

Amazonで購入した3000円台のウェアラブルにしてはなかなかいい箱でした。

入っているものはこんな感じ

一番上の楕円形の黒い液晶が本体です。そしてそれをはめ込んで腕につけるようのゴムバンドと専用充電器が付いています。

バンドに本体をはめ込みました。安いのでやたらでかいのが来るかと思いましたが、コンパクトだし黒で統一されていてデザインもそこそこいいですね。

あと説明書が入っていました。文字はよく読めませんでしたが、イラストがわかりやすくそれに従ってiPhoneアプリ「Mi Fit」を入手してアカウントを作ります。アプリは英語ですので、簡単に手続きを進めることができました。

実際に腕につけて寝てみました。朝起きて、Mi Fitを開いたら睡眠のログが出ます。

睡眠時間8時間39分!寝すぎぃ!

本当にありがとうございました!

関連記事