マイニングやってみた(GTX 1070)

使用しているGPUが ZOTAC GTX1070 8GB なんですけど、これを寝かせとくのはもったいないと思って、機械学習などに使わない時間マイニングに当てることにしてみました。

マイニングと言っても、マイニングプールに参加するようなものではなく、マイニングしてる風のNICE HASHを使用しております。実際は計算資源を切り売りしてる感じでしたっけ。GPUのクロックの調整には「MSI After Burner」を使用して、クロックを+100、メモリークロックを+400程度にしています。いろんなサイトを参考にさせていただきました。

最近は中国の規制の下げが戻しつつある状況で、それにつられてかマイニングの環境も少しはマシになったようですかね。ビットコインとイーサリウムは調子良いですね。私はビットフライヤーで口座を作っており、NEMやリップルはチェックしていません。

ここ2週間くらいですと、1日に掘れるのが160円〜190円、電気代が70円〜80円と言った感じです。1日の利益が100円くらいですね。まあ寝かせておくよりはマシかなとは思いつつも、ぶっ壊れたり、燃えたりすると一発で大損ですので、ビビりながらやっています。

電気代ってそこまで考えたことはないですが、海外に比べて日本は電気代が高いですね。コスト面で海外マイナーの方がだいぶ有利ですので、日本で大量にGPUを買い集めようとする場合、前もって試算しておかないと大変なことになりそうですね。試算するにはnicehashのこちらのページがわかりやすいです。

マイニングするには収支(掘る量ー電気代)を計算しないといけないので、ワットモニターが必要です。適当にAmazonで安かったELPAのやつを使っています。特に不満はありません。

面白そうなのでマイニングリグを作ってGPU6枚くらい挿して、、、とやってみたいのですが、意外と初期費用高いですね。GTX1070×6枚 +etc で30万くらい吹っ飛ぶ勢いですから。もうちょっと早めに知っておけばよかったと後悔しています。

ご家庭の電力契約を見直すなどして経費を詰めればそこまで損はしないかと思いますが、1年後のマイニング難易度や仮想通貨の時価総額など、不透明な要素は多いので、投資する場合は自己責任でよろしくお願いいたします。

仮想通貨に関しては怪しいセミナー、詐欺などが多発しているそうなので、ご注意ください。また、記事はできるだけ誠実に書いていますが、完全性を保証するものではありません。記事の内容に間違っている箇所等あれば是非ともコメントください。

マイニングリグの自作するなら、次の記事がおすすめです。

マイニングリグの自作に必要なものを考えてみた