中古でパソコンを買うときに気をつけるべきこと

CPUのクロックにも限界が近づいてきました。ムーアの経験則もそろそろ限界に近づいてきたのではないでしょうか。新品のノートパソコンを買うより、中古でCore-i7のHDDをSSDに換装した方がコスパがいいのでは?と思っております。

最近ではリサイクルショップのほか、メルカリなどのフリマアプリでも結構安く買うことができますが、中にはショボすぎるスペックで3万とかするようなパソコンでも注意が必要です。

まず一般的に言われてることですが、

Corei5以上は基本的人権

です。必ずCPUはチェックしましょう。またCorei5と言っても結構な種類がありますのでドスパラの比較表でチェックしといた方が無難です。

ネットサーフィン程度でもi5くらいあった方がいいかと思います。そしてメモリは4GB以上は必須だと思います。自分で増設することも可能ですが。

そしてデフォルトですでに入ってるソフトがありますよね。リサイクルショップなら信頼していいかもしれませんが、フリマアプリで販売されているパソコンには不正にダウンロードされた有料ソフトが入ってる可能性があります。Microsoftのofficeやphotoshopなどの高価なソフトが入ってる場合は注意してください。出品者は違法であることを知ってソフトを入れている可能性が高いので、質問しても期待した答えは得られないでしょう。

外出時に使用する用にノートパソコンを購入する時は、ノートの型番から年式を調べてみてください。

電池がほぼ死んでる可能性があります。

モバイル用途で使用するなら、製造から2~3年以内のものに絞った方がいいです。Microsoftのsurface proも中古で安く買うことができるのでオススメです。というか新品が高すぎて手が出ません。

あとMacbookは人気が高いので中古でもなかなか値段が落ちません。逆に言えば買ってから自分で売るときもそれなりの値段が見込めますので、購入時の箱は捨てないようにしましょう。

実際にスペックや形を確認するなら、ドスパラが安心です。しかし、掘り出し物を見つけるなら、あまり人気のなさそうなリサイクルショップがオススメです。たまに2014年製造のi7ノートパソコンが3万台で売ってたりします。こういうショップは郊外の道路沿いに多いイメージがあります。

もちろん気をつけるべきことは多いですが、いろいろなショップやネットでチェックしていれば、それなりの相場観が身につきますので安いのか割高なのかすぐわかるようになってきます。

以上になりますが、ここまでの内容をまとめると

  • i5以上は必須!メモリは4GB以上!
  • 違法ダウンロードソフトに注意!
  • モバイル用途の場合は最近発売されたものがオススメ
  • ドスパラは安心、掘り出し物なら郊外のリサイクルショップ!

それでは格安で快適なパソコンライフを送ってください!